社会課題解決中MAPに戻る

◆家族と一緒に住んでいても、3人に1人が孤独を感じている!?
新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、若年層の2人に1人、既婚者やファミリーといった共同生活をしている人でも3人に1人が日常生活で孤独を感じており、家庭環境に関わらず、日本中で心のつながりが途切れかけていることがわかります。日本における「コミュニティの希薄化」は、先進国の中でも特に高い水準の「自殺率」との関連性もあり、以前から問題視されてきました。新型コロナウイルスの影響で、引き続き対面や接触をともなうコミュニケーションを減らすことが求められることから、孤独化がさらに進む可能性も否定できません。こうした状況下で孤独感を和らげて前向きに生活していくためにも、コミュニティ機能を時代の流れに合わせてつくり直し、すべての人が温かいつながりを実感できる社会へと進化させることが必要です。

社会課題解決中アクション一覧

キーワードで絞る
  • 地域
  • Beyondミーティング
  • アジェンダオーナー
  • コミュニティ
  • 場づくり
  • こども
  • 働き方
  • 格差
  • 女性
  • 学校
  • IT
  • コミュニケーション
  • つながり
  • 伝統文化
  • ジェンダー
  • 編集
  • アウトプット
  • 主婦
  • 専業主婦
リセット
並び替える
フェーズ

全124件

イベント

プログラム