社会課題解決中MAPに戻る

◆2人に1人が、ストレスを抱かかえながら生きている!?
日本における若年層の死因1位は自殺です。2020年には479人の小中高生が自殺で亡くなり、前年から140人増えて過去最多となりました。日本の自殺死亡率は先進国の中でも突出しており、その主な原因は日常生活のストレスです。ストレス問題は若年層に限らず社会全体に蔓延し、厚生労働省の調査(2019年度)によると、日本に住む人の47.9%が「日常生活での悩みやストレスがある」と回答し、精神疾患で医療機関に通っている人は300万人を超こえています。そして現在、新型コロナウイルスの感染拡大によって、人々の不満や不安、孤独感はさらに深刻化しています。生きづらさや不自由さを感じやすい“高ストレス型社会” の日本。バランスのとれた穏やかな心理状態で生活できる環境を取り戻すには、どのようなアクションが必要でしょうか。

社会課題解決中アクション一覧

キーワードで絞る
  • 教育
  • 地域
  • Beyondミーティング
  • アジェンダオーナー
  • 場づくり
  • 環境問題
  • こども
  • コロナアクション
  • 学校
  • ソーシャルワーク
  • IT
  • コミュニケーション
  • つながり
  • 循環型社会
  • ホームレス問題
  • TSG
  • ゴミ問題
  • TokyoStartupGateway
  • サステナブル
リセット
並び替える
フェーズ

全41件

イベント

プログラム