社会課題解決中MAPに戻る

平成28年国民生活基礎調査によると日本の子どもの貧困率は13.9%、約280万人。7人に一人が貧困状態にあります。2010年のOECD調査によると、所得平均の半分に満たない人の割合「相対的貧困率」は、世界34カ国中第6位です。就業しているひとり親世帯の半数以上が貧困状態にあり、先進国の中でも日本だけが、傑出して高い割合です。内閣府「子どもの貧困対策に関する大綱」平成26年版によると、生活保護世帯に属する子どもの大学等進学率は19%で、全世帯の52%を大きく下回っています。中卒・高卒の約半数が、正規雇用の3分の1の年収平均の非正規雇用にあります。
公正で豊かな社会をつくるには、どのような取組が必要でしょうか。

社会課題解決中アクション一覧

キーワードで探す
  • 教育
  • 子ども
  • 就労支援
  • コレクティブインパクト
  • 生活支援
  • 居場所づくり
  • 子どもの貧困
  • 子どもの貧困
  • 子どもの貧困
  • 虐待
  • 学習支援
  • 育児コミュニティ
  • ソーシャルワーク
  • ふるさと納税
  • 居住支援
  • 親子の断絶
  • 離婚
  • 養育費
  • 面会
  • 弁護士
リセット

全7件

イベント