社会課題解決中MAPに戻る

明治の開国、そして戦後の高度経済成長の時代と、日本という国の安定と成長のために、政治と行政は重要な役割を果たしてきました。
しかし、中央の号令によって国家の運営と経済成長が続いていくという時代は終わり、日本社会の中で永田町・霞が関の役割は大きく変化してきています。
不透明な意思決定プロセスの中での、忖度・縦割りの組織や省益の優先は、政治行政不信を招き、またそしてニーズや成果と直結しないムダな業務は公務員の働き方・働き甲斐に悪影響を与えています。
例えば、エストニアでは、ITを使った全面的な行政改革により間接コストを大胆にスリム化し、利用者視点に基づく行政のワンストップ・サービス化を実現しています。
ニッポンは、政治・行政のスリム化と高効率化、オープンなコミュニケーションを実現することができるでしょうか?

社会課題解決中アクション一覧

キーワードで探す
  • コレクティブインパクト
  • コレクティブインパクト
  • 就労支援
  • 居場所づくり
  • テクノロジー
  • 生活支援
  • 子どもの貧困
  • 育児コミュニティ
  • IT
  • 居住支援
  • 企業法務
  • NPO支援
  • 経営戦略
  • 技術革新
リセット

イベント