社会課題解決中MAPに戻る

家庭の経済状況や在住地域など、生まれ育った環境によって受けられる教育に差を生まないためには、どのような支援が必要でしょうか?

日本の子どもの相対的貧困率は15.7%、約7人に1人の子どもが貧困状態。世帯年収が「400万円未満」の世帯と「800万円以上」の世帯で、子ども1人にかける活動費が3倍以上。人口規模が「5万人未満」の自治体に住む子どもと「指定都市・特別区」の自治体に住む子どもでは、教育費の差はが1.8倍。このような教育機会の差は結果的に学力格差を生み、所得格差を生み出すとも言われています。どこでも誰でも多様な教育を受けられ、貧困の連鎖も同時に止めていくための行政・民間が一体となった取り組みが求められています。

社会課題解決中アクション一覧

キーワードで探す
  • 教育
  • 教育
  • 教育
  • 教育
  • 地域
  • 子ども
  • 場づくり
  • 居場所づくり
  • 子ども・若者
  • キャリア教育
  • コミュニティ再生
  • リノベーション
  • 学習支援
  • 格差
  • インターンシップ
  • 高校生
  • 発達障害
  • 留学
  • Webサービス
  • 文科省
リセット

全14件

イベント