社会課題解決中MAPに戻る

例えば、事業を起こして会社がつぶれたり、自己破産したり、夜の仕事についたり、住む家がなくなったり、犯罪に手を染めてしまったり、そして「居場所」や「仕事」がないなどのために、再び犯罪や非行を引き起こしてしまったり…いったん、「表社会」から離れると、自己責任の名のもとに、再チャレンジが難しい国、ニッポン。自己破産した人は2016年は6万4,637件。最も多いのは40代男性で、住宅ローン起因もあるといいます。路上に住む人のうち、10年以上家と呼べる場所のない状態の人は3割を超えています。再犯者の割合は上昇を続けており、2015年には一般刑法犯の検挙人員中の再犯者率約48%にもなります。収監費用は、1人当たり1年間で300万円かかるとも言われます。

人生のある時点で”社会的失敗”をしたとき、やり直せる社会を、どうやってつくっていけばよいでしょうか。自己破産した人は2016年は6万4,637件。最も多いのは40代男性で、住宅ローン起因もあるといいます。路上に住む人のうち、10年以上家と呼べる場所のない状態の人は3割を超えています。再犯者の割合は上昇を続けており、2015年には一般刑法犯の検挙人員中の再犯者率約48%にもなります。人生のある時点で”社会的失敗”をしたとき、やり直せる社会をどうやったらつくれるでしょうか。

社会課題解決中アクション一覧

キーワードで探す
  • 教育
  • 地域
  • 子ども
  • 場づくり
  • 子ども・若者
  • キャリア教育
  • 福祉
  • リーダー育成
  • 生活支援
  • 社会構造
  • 多様性
  • 放課後
  • 学童保育
  • 障害福祉
  • 難病
  • アントレプレナー
  • キャリア
  • 障害
  • ダイバシティ
  • 中高年世代
リセット

全8件

イベント

プログラム