社会課題解決中MAPに戻る

世界一の長寿社会、日本。2016年の厚労省の調査では、平均寿命が男性80.98年、女性87.14年と、いずれも過去最高を更新しています。
そんな中で、日常生活に制限のある「不健康な期間」は伸びてきています。平成13年から平成22年の4年で比べると、男女ともに、約1年間伸びています。そのままの予測では、こうした平均寿命の延伸とともに、健康な期間だけではなく、不健康な期間も延びることが予想されます。国民医療費は、一貫して増加傾向にあり、昭和63年18兆円だったものが、平成25年には40兆610億円にも上っています。2025年には、団塊世代の大半が、75歳以上に突入します。一人ひとりが老後の暮らしを心豊かに楽しみ、社会的負担を軽減するために、健康に老いられる社会をどうやってつくっていけるでしょうか?

社会課題解決中アクション一覧

キーワードで探す
  • 教育
  • まちづくり
  • 地域
  • 地域
  • コレクティブインパクト
  • 医療
  • コミュニティ
  • 健康
  • 健康経営
  • 働き方
  • 医療福祉
  • 介護
  • 高齢化社会
  • 東京
  • 介護予防
  • リハビリテーション
  • 在宅医療
  • 訪問看護
  • 健康寿命
  • 高齢者
リセット

全8件

イベント