社会課題解決中MAPに戻る

心の病に、より良い解決策を。革新的なオンラインうつ病管理ツールと、英語心理カウンセリングを提供する。

International Medical株式会社

実行中

更新日:2019.03.02

International Medical株式会社は新しいメンタルヘルスのサービスを提供します。革新的なオンラインうつ病管理ツール「Psynary(サイナリー)」の開発と提供、カウンセリングルーム「Tokyo Mental Health」の運営を行っています。オンラインツール「Psynary(サイナリー)」で包括的なアセスメントを行い、「Tokyo Mental Health」で、英語の心理カウンセリングを行います。

キーワード

アクション詳細

目指す社会のあり方、ビジョン

私たちは、一人ひとりが抱えるメンタルへルスの問題に対して、ひとりひとりの状況に合わせた解決策を提供します。質が高く、根拠に基づいた分析とカウンセリングによって、それぞれ異なる心の問題を解決していきます。精神科医によって作られたオンラインうつ病管理ツール「Psynary(サイナリー)」を使うことによって、定期的に症状の経過を理解し観察していくことができます。また、「Tokyo Mental Health」は日本で暮らす外国人や帰国子女の方々のお悩みに対応できるように、英語、スペイン語、日本語などの言語でカウンセリングを受けることができ、お子様やカップルカウンセリング、認知療法などにも対応しております。医療機関「American Clinic Tokyo」と提携しており、必要な方にはクリニックへのご紹介もできます。

 

Psynary(サイナリー)とは

Psynary(サイナリー)は、うつ病や不安障害のアセスメントと治療の最適化を支援するオンラインツールです。Psynary(サイナリー)は、ニュージーランドの精神科医であるトランター博士とイギリスの精神科医であるキセイン博士が10年以上をかけ、臨床と研究の成果を詰め込んで開発しています。現在5カ国で1700人以上のユーザーが登録しています。

 

精神医療においては、問診やアセスメントが診療の基本となりますが、時間のかかる問診をきちんと行ない、包括的に状況を把握するという一歩がなかなか難しいのが現状です。Psynary はオンラインで予備的な問診をすることで、その方に必要なアプローチや現在の療法の有効性を、より簡単に効率よく“見える化”することを目的としています。

 

アクションリーダー プロフィール

松本裕三子

インターナショナルメディカル株式会社 COO/
東京大学を卒業後、外資系企業と日本企業にて、戦略策定、人材マネージメント、オペレーション管理、オンラインビジネスを手がける。2013年ロンドンにてCass Business School MBA取得。

団体/企業詳細

活動地域
  • 日本とニュージーランド

応援メッセージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最新情報