社会課題解決中MAPに戻る

◆専門的なスキルを持った人たちが大好きな仕事をあきらめている!?
仕事をするうえで専門性を必要とする、いわゆる「専門職人材」の担い手不足が続いています。特に介護士・看護士などの心と身体のケアを行う人材は、高齢化が進む日本において大事な役割を担っているにも関わらず、働く環境や労働時間、給与などの待遇が改善されないために、ほかの仕事に転職してしまう動きが顕著になっています。保育施設においても同様で、新型コロナウイルスの影響による業務負担の増加が重なり、人手不足はより深刻化している状況です。エンジニアなどの人材も、さまざまな業務を担当する総合職での採用が多い日本の企業ではなく、専門的なスキルが重視される海外の企業に活躍場を求める傾向が強まっています。専門職人材がスキルや潜在能力を発揮できる社会づくりには、どのような改革が必要でしょうか。

社会課題解決中アクション一覧

キーワードで絞る
  • 教育
  • Beyondミーティング
  • アジェンダオーナー
  • SDGs
  • リーダー育成
  • 格差
  • コミュニティ再生
  • 自立支援
  • キャリア支援
  • 社会構造
  • ソーシャルワーク
  • 雇用
  • ホームレス問題
  • 海外
  • 新興国
  • 就職
  • 留学生
  • 人材活用
  • 博士課程
  • 専門職
リセット
並び替える
フェーズ

全26件

イベント

プログラム