社会課題解決中MAPに戻る

◆日本を支える道路や建物の多くは、約50年前に建設されている
日本の道路や橋、トンネル、港湾、公園などのインフラのほとんどが、老朽化が進んでいると知っていますか?その多くが1950〜1970年代に作られており、2023年には、道路や橋の約4割が建設してから50年を迎えると予測されています。しかし、老朽化による崩落らく事故などを防ぐための工事にはたくさんのお金や人材が必要で、その不足が問題になっています。最近ではその反省を生かし、より丈夫なコンクリートを使って長持ちするインフラを作ったり、インフラが減っても快適に生活できるコンパクトな街づくりの計画が進められています。今後同じ問題を起こさないため、さまざまな角度からの課題解決に向けたアイデアが求められています。

社会課題解決中アクション一覧

キーワードで絞る
  • 地域
  • まちづくり
  • 子育て
  • 居場所づくり
  • リノベーション
  • コミュニティ再生
  • 環境
  • 建築
  • 未利用資源
  • リサイクル
  • 地産地消
  • 岐阜
  • 起業家
  • 商店街
  • インフラ
  • エコロジー
  • コミュニティ作り
  • 郡上
  • 歴史的建造物
  • 宮崎
リセット
並び替える
フェーズ

全8件

イベント