社会課題解決中MAPに戻る

ヒトとモノを運ぶ自走システムで、社会をよりスムーズに

Zip Infrastructure

実行中

更新日:2019.08.08

Zip Infrastructure株式会社では自走型搬器を中心とした、人とモノの新たな輸送手段の構築を目指し活動を行なっています。ヒトを運ぶというテーマで、現在開発しているものは「自走型ロープウェイ」という、新しい交通システムの構築です。

自走型ロープウェイによって自治体は交通アクセスを良くし、地域を魅力的にすることができます。さらには、人口を増加させたり、大規模施設を誘致したり、既存の住民の満足を上げたりすることができます。既存の鉄道やLRTと違うところは、新規の土地取得が不要な点(既存道路上の空間を利用する)とそれによってコストが抑えられる点です。輸送能力はその分小さいですが、速度に関しては同じレベルになるように現在設計をしています。

モノを運ぶという点では、建設現場の荷揚げ作業を楽にする自走クライマーを作ったり、林業、製造業等様々な会社からの受注生産をしています。


キーワード

アクションリーダー プロフィール

須知 高匡

代表取締役兼社長。
慶應義塾大学理工学部機械工学科在学中。

団体/企業詳細

団体名
  • Zip Infrastructure

応援メッセージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。