SDGs取組中MAPに戻る

国際社会は、人々を貧困から脱出させるという点で、長足の進歩を遂げました。後発開発途上国や内陸開発途上国、小島嶼開発途上国といった最も脆弱な国々では、貧困の削減が引き続き進んでいます。しかし、不平等が解消せず、保健・教育サービスその他の資源へのアクセスという点で、大きな格差が残っています。

また、国家間の経済的格差が縮小傾向にあるとしても、各国国内では不平等が拡大しています。経済成長があっても、それが包摂的でなく、経済、社会、環境という持続可能な開発の3つの側面にすべて関係するものとならない場合、貧困削減には不十分だというコンセンサスも広がっています。

不平等を削減するためには、原則として社会から隔絶された恵まれない人々のニーズに注目し、普遍的な政策を導入すべきです。

社会課題解決中アクション一覧

キーワードで探す
  • 教育
  • 子ども
  • 福祉
  • まちづくり
  • 子ども・若者
  • 国際協力
  • 虐待
  • 生活支援
  • 学習支援
  • 格差
  • 日本
  • 社会的包括
  • 人づくり
  • 難民
  • 移民
  • 国際機関
  • 人権
  • 成年後見
  • 精神障がい者・外国人の権利擁護
  • 法的アプローチで社会問題解決
リセット

関連記事

イベント