社会課題解決中MAPに戻る

世界中のだれもが魅力的に働き生きることのできる社会の実現

特定非営利活動法人ハロハロ

実行中

更新日:2017.12.01

<目指したい社会/活動概要>
私たちはフィリピンと日本の人々とのパートナーシップのもと、持続可能な働く場を創出しながら、生計向上・教育・啓発活動を通して人を育て、豊かさを共有できるライフスタイルを世界に広げようとしています。
<顧客とそのニーズ>
私たちの顧客は2方向です。一方はともに活動し社会的インパクトを拡大するフィリピンの人々、もう一方はボランティア参加や寄付プログラムで活動を応援してくれる日本の人々です。どちらの地域に生活する人々も、自分らしく働き生きられる居場所を社会の中に作りたいというニーズを持ち、お金や時間や貴重な能力を寄せて、私たちと一緒に挑戦してくれる存在です。

キーワード

アクション詳細

  • <事業モデル、サービスの概要、特徴>
    私たちはわくわくする未来を自分の手で形作ることに挑戦しています。挑戦することも含めて楽しめる、課題を乗り越えていく経験をともにできる仲間を募っていく活動です。一方的な支援を行うわけではなく、私たちはともによりよく生きる場を創出しようとしています。これらの体験を通して、海を越えた仲間とともに、豊かに働き生きるという意味を具現化していきたいと思っています。地域の中に人を育て、まちを育てていく活動を、グローバル社会の今、海をこえて行なっていこうとしています。

一緒に参画いただける方募集中!

アクションリーダー プロフィール

成瀬悠

1981年11月千葉県船橋市生まれ。印西市の小中出て、専修大学松戸高校卒業。青山学院大学日本文学部卒業。印刷会社の営業アシスタントとして3年弱勤務した後、カナダ・バンクーバーでワーキングホリデーを経験。帰国後新聞社校閲部派遣スタッフ勤務時に、今一生著『社会起業家に学べ!』という書籍と出会い、社会起業を志す。フィリピンのNGO LOOBのワークキャンプ参加をきっかけにNPO活動をスタート。フェアトレードの流通販売からスタートした事業も人々のニーズや課題分析を行なっていった結果、マイクロクレジットや就労支援、教育支援、啓発活動と地域開発全般に関わる人づくり組織づくりの活動へとダイナミックに展開。フィリピンのみなず、日本もターゲットエリアに設定し、フェアトレードちばをはじめとする「グローバルでローカル」なまちづくり活動にも携わる。組織と事業運営のバランスをとりながら、フィリピンと日本の人々を巻き込みつつ活発な事業を展開中。

団体/企業詳細

活動地域
  • 東京都,千葉県,フィリピン(マニラ,セブ,ボホール)

応援メッセージ

・ハロハロに出会って今まで知らなかった世界を身近に感じることができました!(10代・学生)
・フィリピンに行った時とてもよい時間を過ごしたので、少しでも恩返しがしたい、彼らの課題に関わりたいと思って参加しています。(20代・会社員)
・フィリピン人のようにあの満面の笑みで毎日の幸せを逃さず生きていけるよう、今後も彼らと一緒に歩みたいと思っています。(30代・会社員)

最新情報