社会課題解決中MAPに戻る

◆選挙に参加する若者は3人に1人!?参加しやすい仕組みとは?
選挙は、私たちにとって幸せに暮らせる社会をつくるための重要な手段であり、なおかつ私たち自身が政治に参加できる貴重な機会です。しかし、2019年7月の第25回参議院議員通常選挙の投票率は、わずか48.80%。国民の半数しか選挙を通じた社会づくりに参加していないという現状があります。中でも悩ましいのが、これからの未来を生きる若年層の投票率がひときわ低い水準という点です。同選挙の投票率は、10歳代が32.28%、20歳代が30.96%と、3人に1人しか投票していません。理想の社会は誰かから与えられるものではなく、私たち自身でつくるものです。政治参加の敷居を下げることや、寄付による支援を手軽に行うための制度づくりなど、国民一人ひとりが社会をつくる実感を得られるようにすることが必要です。

社会課題解決中アクション一覧

キーワードで絞る
  • 教育
  • Beyondミーティング
  • アジェンダオーナー
  • 社会起業塾
  • SDGs
  • 人材育成
  • リーダー育成
  • 格差
  • 社会構造
  • 社会課題
  • ソーシャルワーク
  • アート
  • ホームレス問題
  • プラットフォーム
  • 新興国
  • 自分事化
  • Web3
  • NFT
  • ファンドレイジング
  • クラウドファウンディング
リセット
並び替える
フェーズ

全72件

イベント

プログラム