社会課題解決中MAPに戻る

分散型報酬システムをもつ社会課題解決プラットフォームを作成中 !

アイディア段階

更新日:2018.02.25

ぼくはバイトで生活費を稼ぎながらNPOや学生団体での活動をしています。
でも、活動をがんばればがんばるほど、活動の価値は高まるのに、お金はなくなります。それは社会課題がビジネスにならないニーズだからです。1月中旬にお金が全くなくなり、体調を壊し、精神的にしんどくなりました。だから、同じく社会課題解決に取り組む人が、「他者貢献してるのに自己犠牲になってしまう」状況になるのを変えたくてこの取組をします。そして社会課題解決に取り組む人たちが、人を幸せにして、自分たちも幸せそうに笑っている社会を目指します。

今は、分散型報酬システムをもつ社会課題解決プラットフォームと無料で活動の透明化と質向上のサポートをすることを計画しています。

活動の質を高めていきたいが、機会と資源がないNPOなどが対象です。

独自通貨を発行することで解決していくのが特徴です。

キーワード

アクションリーダー プロフィール

番匠谷拓実

HERO 代表
2017年10月から、HEROの構想をはじめ、2018年1月に「他者貢献 × 自己犠牲」になっている社会課題解決への取組に対して強く問題意識を抱く。現在は様々なピッチに出たり、メンターに協力してもらいながらプランの実現を計画している。5月にβ版サービスをリリースする予定。その他にも海外インターンシップの運営や、食料廃棄問題に取り組む「食料廃棄救出部隊アツメンジャー」、シビックテックに取り組む「Code for Youth」などに所属し活動している。

団体/企業詳細

応援メッセージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最新情報