社会課題解決中MAPに戻る

総務省が、日本の総人口に占める65歳以上の高齢者の割合が過去最高の26.7%となり、国内における80歳以上の高齢者の人口が1千万人を超えたことを発表しました。この数字からみると、日本の「4人に1人が高齢者」ということになります。
日本の健康寿命は世界一。高齢者の体力・運動能力は14年間で5歳分若返り、65歳以上の6割以上が、働く意欲を持っていますが、現時点では2割しか就業していません。
6割の人が最期を家で迎えたいと望む中、ほとんどの人は病院で亡くなっています。
現在も火葬場不足により、1週間以上弔いを待たなくてはいけないケースが指摘されている中、2039年には団塊世代が人生の終わりの時期を迎え、年間死者160万人時代を迎えます。アジアでも、超高齢化が進む中、世界の先陣を切っているニッポン。人生100年時代を幸せに老いて生きられる社会をどうやってつくっていけばよいでしょうか。

社会課題解決中アクション一覧

キーワードで探す
  • 福祉
  • 福祉
  • 医療
  • カーシェアリング
  • コミュニティ
  • 被災地支援
  • 成年後見
  • 精神障がい者・外国人の権利擁護
  • 法的アプローチで社会問題解決
  • 災害関連死
  • 一次産業
  • ファミリービジネス
  • 農業
  • こせがれ
  • IT
  • ロボット
  • パーソナルロボット
  • オープンソース
  • メンタルヘルス
  • コミュニケーション
リセット

全7件

イベント