社会課題解決中MAPに戻る

◆国民の3人に1人がお年寄りになる時代がやってくる!?
日本の高齢化は急速に進み、2007年には超高齢化社会へと突入しました。そして2019年には、高齢化率28%と過去最高を更新。これは世界で最も高い数字で、日本は世界一の高齢化先進国とも言われています。さらに高齢化率は今後も上昇し、2025年には30%、40年には35%に上昇する見込みです。つまり、国民の約3人に1人がお年寄りになる時代がくるということ。そうすると、お年寄りが生活するための社会保障費が増加し、2060年には1人の若者が1人のお年寄りを支える社会になると言われています。どの国よりも早く超高齢化社会に突入した日本だからこそ、世界に先駆がけて新しい社会のモデルをつくり出すことが期待されています。

社会課題解決中アクション一覧

キーワードで絞る
  • 地域
  • Beyondミーティング
  • アジェンダオーナー
  • コミュニティ
  • 場づくり
  • SDGs
  • 健康
  • 人材育成
  • 格差
  • 起業支援
  • ボランティア
  • ソーシャルビジネス
  • ホームレス
  • 引きこもり
  • 高齢化社会
  • 起業
  • うつ病
  • 人生100年時代
  • 健康寿命
リセット
並び替える
フェーズ

全62件

イベント