社会課題解決中MAPに戻る

国立社会保障・人口問題研究所の第15回調査(2015年)によれば、夫婦にたずねた理想的な子ども数は2.32人と、低下が続いています。「赤ちゃんの泣き声が迷惑」「ベビーカーが邪魔」、都心の子育て世帯を対象とした、あるアンケートでは、8割の父母が「子連れに冷たい社会」であると、回答しました。不妊に悩む人。待望の子供に恵まれても保育園に入れず産休育休後の復帰をあきらめる人、職場に復帰した後マミートラックに悩む人。多忙感や取得しづらい雰囲気の中、育児休業を取得した男性は3%にとどまりっています。虐待の認知件数は12万件を突破し、84人が幼い命を亡くしました。安心して産み育てられる社会をつくるには、どんなことが求められるでしょうか?

社会課題解決中アクション一覧

キーワードで絞る
  • 教育
  • 社会起業塾
  • 子ども
  • 働き方
  • 多様性
  • 女性
  • ライフスタイル
  • キャリア
  • 育休
  • 産休
  • 中高生
  • 性教育
  • 生き方
  • 女性の働き方
  • コンサルティング
  • 産育休
  • アフターピル
  • 保護者
  • 自己肯定感
リセット
並び替える
フェーズ

全37件

イベント