社会課題解決中MAPに戻る

「子育てって大変だけど、幸せだよね」から「大変だけど」を無くせたら?

モーハウス/NPO法人子連れスタイル推進協会

アイディア段階

更新日:2022.04.27

これまで私たちは誰にでも手に入る授乳環境を提供することで、主に女性の子育ての困難さの解決を目指したアクションを行ってきました。その中で行ってきた「子連れ出勤」の発信をはじめとした、子どものいる親たちへの支援活動は、「社会の中で子育てをする」支援でした。

現在、子育ての困難さが、少子化や産後鬱など多くの問題を引き起こし、若い世代にとっても将来の不安を招いています。私たちはこれまで20年以上の活動の中で得てきた考え方や行動の変革を、より多くの方たちに伝えることで、子育てを楽しめ自己肯定感が上がり、子育てを真に楽しめる社会を作りたいと考えます。

「子育てって、大変だけど幸せだよね」という「大変」とのトレードオフでしか手に入らない子育てではない選択肢を多くの方に届けたいと考えており、どのようにこのナレッジを伝えて行けるのか、仲間を集められるのか、皆さんのお知恵をお借りしたいと考えます。

キーワード

アクション詳細

目指す社会のあり方、ビジョン

「子育てって幸せだよね」を叶えたい。
企業にも、子どもにも、親にも、社会にもメリットが多い「子連れ出勤」をもっと知ってほしい。体験してほしい。そのためにはどうしたらよいでしょうか?
新しい働き方を皆さんと一緒に育てていきたいと考えています。

アプローチの方法

・赤ちゃんのためのフェムテック
建築空間の「授乳室」から、衣環境「着られる授乳室」へ。「子育ては“我がまま”でいい」という考えから、どこでも授乳を可能にする商品を開発しました。

・子連れでテレワーク
テレワークで近くなった仕事と子育て。子どもと一緒に働くことは、どうしたらスムーズにできるでしょうか。モーハウスで累計300人が「子連れ出勤」を経験しながら模索しています。

一緒に参画いただける方募集中!

  • JOB(委託・パート・雇用)

    プロボノ・インターン・スタッフ募集(オンラインでもOK)。 実際に子連れ出勤してみたい人(妊娠中・赤ちゃんがいる人)/うちの会社でやってみようという人 /研修の中身を一緒に作ってくれる人/伝える機会を作ってくれる人を募集しています。

アクションリーダー プロフィール

光畑 由佳

モーハウス/NPO法人子連れスタイル推進協会代表
倉敷市生まれ、商店街と病院育ち、子3人、つくば在住。つくば、日本橋のショップで子連れ出勤発信15年。お茶の水女子大学卒業、慶應義塾大学MBA今も大学院生(ジェンダー&立教21世紀社会デザイン)。パルコでの美術企画、建築書編集者を経てつくばへ。内閣府女性のチャレンジ賞、お茶の水女子大学賞など。
筑波大学大学院非常勤講師/東京大学大学院学際情報学府 客員研究員/経済産業省 中小企業政策審議会 経営支援分科会委員、元茨城大学社会連携センター特命教授、内閣府子ども子育て本部写真コンクール審査員、前茨城県少子化対策審議員、茨城ユニセフ理事 など

団体/企業詳細

団体名
  • モーハウス/NPO法人子連れスタイル推進協会

応援メッセージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。