社会課題解決中MAPに戻る

PICK UP

生まれ育った環境によらず、すべての子どもたちが安心・安全に暮らせる社会

認定NPO法人3keys

実行中

更新日:2017.12.01

主な内容は以下の3点になっています。① 学習支援事業② 子どもの権利保障推進事業③ 啓発活動事業:地域で貧困家庭等を対象とした学習支援事業や、地域で子どもや親を見守る子ども食堂等の活動は広がっていますが、虐待で施設などに保護された子どもたちや、親にすら頼れず、地域からも孤立した子どもたちを対象とした支援はまだまだ担い手が不足しています。私たちは弁護士や、他の専門機関とも連携しながら、親からも地域からも孤立しやすい子どもたちの支援を行っています

キーワード

アクション詳細

  • 主な内容は以下の3点になっています。
    ① 学習支援事業: 虐待や育児放棄などで児童養護施設等に保護された子どもたちへの学習ボランティアの派遣や放課後教室の運営をしています。個人情報保護を徹底した募集体制、虐待や育児放棄の現状についての研修、面接・面談によるマッチングシステム、個別指導の徹底化などによって、虐待等のトラウマで対人関係が苦手だったり、自尊感情や学習意欲の低い子どもたちでも学習を続けやすい工夫をしています。


    ② 子どもの権利保障推進事業: 虐待や親との不仲等で、頼れる大人が周りにいない子どもたちのオンライン上の相談窓口「なやみ相談窓内」を設けたり、適切な支援団体を子どもたちだけでも検索・相談できる検索サイト「Mex(ミークス)」を運営しています。(https://me-x.jp) 。身近に相談できる人がいない子どもたちはインターネットや携帯を頼りにしていることが多いため、主にオンライン上からのアウトリーチを大切にしています。

  • ③ 啓発活動事業: 地域からも孤立しやすい子どもたちの現状はなかなか目に見えず、実感もしづらい現状があります。活動の中で見えてきた子どもたちの現状を社会全体に知ってもらうために、連続セミナー開催や、行政機関・学校等への研修・講演等を行っています。 地域で貧困家庭等を対象とした学習支援事業や、地域で子どもや親を見守る子ども食堂等の活動は広がっていますが、虐待で施設などに保護された子どもたちや、親にすら頼れず、地域からも孤立した子どもたちを対象とした支援はまだまだ担い手が不足しています。私たちは弁護士や、他の専門機関とも連携しながら、親からも地域からも孤立しやすい子どもたちの支援を行っています

アクションリーダー プロフィール

森山誉恵

認定NPO法人3keysの専従職員兼代表理事。

大学時代から子どもの教育・福祉にまつわる活動を続けている。
現代ビジネスで「いつか親になるために」を連載中。
http://gendai.ismedia.jp/category/takaem

全国子どもの貧困・教育支援団体協議会 幹事
東京都「共助社会づくり検討会」委員
2011年社会貢献者表彰 2016年人間力大賞受賞

団体/企業詳細

連携パートナー
  • 各児童養護施設、母子生活支援施設、自立援助ホーム、子ども向けの民間や行政機関など
活動地域
  • 学習支援:東京都、神奈川県、 生活・総合支援:全国

最新情報