社会課題解決中MAPに戻る

◆人口減少はチャンス!?若者も高齢者も活躍できる社会へ
少子化が急速に進む日本では2008年をピークに人口が減少し続けており、2021年の総人口は1億2,530万人になりました。このまま人口減少が進んだ場合、2050年には1億人を下回ると予測されています。そこで考えなければならないのが、人口構成の変化による社会への影響です。少子化により高齢者の割合がさらに高くなると、国民の社会保障制度の負担が大きくなり、経済成長力の低下といった問題の深刻化は避さけられません。ただ、人口減少がチャンスになる可能性も残されています。現在の教育、介護、経済などの仕組みを見直すとともに、最先端のテクノロジーを駆使して経済や労働の生産性を向上させ、さらに若者から高齢者まで多様な人材を活用することで、世代に関わらず誰もが自分らしく活躍できる社会を目指せるのです。

社会課題解決中アクション一覧

キーワードで絞る
  • 教育
  • SDGs
  • リーダー育成
  • 格差
  • コミュニティ再生
  • 自立支援
  • 社会構造
  • 先人の智慧
  • 社会課題
  • ソーシャルワーク
  • ボランティア
  • ソーシャルビジネス
  • 引きこもり
  • 起業
  • うつ病
  • 経営
  • 挑戦
  • ホームレス問題
  • チャレンジ
  • 再チャレンジ
リセット
並び替える
フェーズ

全61件

イベント