社会課題解決中MAPに戻る

世界で一番面白い街を作る「Ishinomaki2.0」

ISHINOMAKI 2.0

実行中

更新日:2019.04.07

東日本大震災からまだ間がない2011年の春、震源地に最も近い自治体の、瓦礫だらけの街の中でISHINOMAKI2.0は誕生しました。 3.11を契機につながった地域内外の情熱が、さらに多くの大志や挑戦を巻き込み続けています。

震災前の状態に戻したいなんて考えておりません。高校生、企業、大学、専門家、行政...ありとあらゆるネットワークをフラットに構築し、 世界が応用しうるプロトタイプをつくっていきます。

キーワード

アクション詳細

目指す社会のあり方、ビジョン

ISHINOMAKI2.0はひらきます。
立場やしがらみを超え、中の人も外の人もフラットに繋がれる開かれたコミュニケーションを。固定観念にとらわれない発想で、オープンなまちを拓きます。
ISHINOMAKI2.0はのばします。
空気を読んで周りに合せるだけではつまらない。「他と違う」存在大歓迎。ISHINOMAKI2.0は「出る杭」を伸ばし、若者に力を与えるまちを目指します。
ISHINOMAKI2.0はつなぎます。
まちと人、中と外、若者と熟練…あらゆるネットワークを繋ぎ、歴史に基づいた経験・資産を自由闊達な発想で膨らませながら次代につなぎます。
ISHINOMAKI2.0はかんがえます。
無責任な平等主義や平均値にどれだけの意味があるのでしょうか。何かをやろうとしている人々が平等に機会を手に入れられるよう心掛けつつ 多数決で得られる回答よりも少数派のセンスを大切にしたいと考えます。
ISHINOMAKI2.0はつくります。
量販店で購入し消費するだけの社会ではなく、自ら”作る”楽しさを。つながり、産み出す「場」を造り、デザインや言葉の力を信じ、DIYの精神を大切にしながらクリエイティブなまちを創ります。

アクションリーダー プロフィール

松村豪太

ISHINOMAKI 2.0 代表理事/
石巻出身。仙台の大学に進学し法律を専門に学ぶ。卒業後は仙台で働いた後、石巻に帰郷し、NPO法人石巻スポーツ振興サポートセンターのクラブマネジャーを務める。震災後は仲間と「石巻2.0」を立ち上げ、さまざまな活動を始める。石巻2.0代表理事、復興バーマスター、ラジオパーソナリティ、石巻経済新聞編集長など、さまざまな肩書きを持つ。

団体/企業詳細

活動地域
  • 宮城県石巻市

応援メッセージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。