社会課題解決中MAPに戻る

訪日関連の情報メディア「日本巡旅」

YOK株式会社

実行中

更新日:2019.06.20

私たちは地方での滞在型旅行を推進すべく、中華圏の訪日FITを中心に、地方に特化したメディア「日本巡旅」を展開しております。

いわゆる観光情報サイトと違い、私たちはスポットの表側の情報よりもその背後にあるストーリーにフォーカスしております。
マス宣伝によるマス送客の時代が終わりを告げようとしている今、
一人ひとりの個性、興味関心、共感といった内面的なものこそ旅へと繋ぐきっかけであり、
彼らへアプローチするときのキーポイントではないかと私たちは思っているからです。

「日本巡旅」を通して、私たちは人々にその「きっかけ」をシェアし、
旅づくりにおけるスポット選びのヒントになってもらい、
いわゆる「観光地」だけでなく、日本の津々浦々まで足を運んでいただければと考えております。

キーワード

アクション詳細

目指す社会のあり方、ビジョン

とてつもない巨大なマーケティング力で世界で数々の「観光地」が出来上がっています。
日本にも、いまや知名度の高い「観光地」に
大量の国内外消費者が押し寄せてきています。


しかし、
こうして作り上げられた「観光需要」は持続可能なものではなく、
いずれ泡のように破滅すると私たちは考えています。

旅の「カタチ」は一人ひとりの個性と深く関わり、極めて柔軟なはずです。
知名度にとらわれず、
自分自身の状況にあわせ旅先を選択する人が増えてきています。

その地に根ざしている独自の文化、自然、歴史などのソフト面こそ
これから旅人を引きつける新たな「需要」になるのではないでしょうか。

人々が伝統的な「観光地」から遠ざかり、新たなトレンドを見せている今、
新しい時代の「観光客」を
「地域の一時的な住人」と呼ぶ動きがすでに広がっています。

住民のように支障なく滞在できるような整備を行ったり、
行きやすいように交通網を構築したりするハード面の整備はもちろん、
従来のマーケティングと一線を画すような発信の仕方と、
滞在先での体験をより豊かにするためのサービスも必要不可欠です。

私たちは次の時代を迎えるべく、その基盤となるものを作ろうとしています。

現状とビジョンのギャップ、課題の構造

従来の海外個人観光客向けの情報発信サイトを見ると、
往々にして地名を「検索の入口」にしているのがわかります。

行きたい場所が事前に決まっていれば、
その周辺のスポットやホテル、レストランなどを調べるにはうってつけです。

しかし最近中華圏をはじめとする訪日リピーター層が増えてきました。
欧米の観光客と違い、彼らは滞在時間が短く、一回あたりの消費額も高くありません。
ただ何度も日本に訪れるゆえに、
彼らは有名な観光地だけでは物足りなくなり、
自分の興味関心と関係のある場所を自ら調べ、
たとえ地方の奥地でも足を運ぶようになりました。

私たちはまさに彼らのような訪日リピーター層を読者にしており、
一人ひとりの興味関心にあったストーリーをお届けすることで旅のスポット探しに協力したいと考えております。

例えば、日本のファッションが好きな方であれば、
布や染料の産地、有名デザインナーのふるさと、テクスチャーの模様や柄の由来と深くかかわる場所などにも訪れる可能性を帯びています。

単なる観光情報を発信するのではなく、
その地に根付く物語、人々を引きつけるような要素こそお届けできれば、
日本の津々浦々まで海外の方々に認知していただけるでしょう。

アプローチの方法

現在編集長一人とライター数名の体制で以下の規定に従い地域の魅力をストーリーの形で発信しております。

またほかのメディアとの提携も積極的に行おうとしております。

記事の基本要素

1 各自の興味関心や専門知識を切り口に
2 知的で、ストーリー性がある
3 面白味がある
4 観光客でなく、ローカル目線で
5 大都市に留まらず、地方を重点的に
6 日本のことを知ってもらい、スポット探しのヒントに

これまでの活動実績

FACEBOOK

FACEBOOKでのフォロワーはメディアの正式ラウンチから半年で2万人をこえるなど、台湾・香港の読者からは高い評価をいただいております。

アクションリーダー プロフィール

方嘉靖

中国上海で生まれ育つ。
高校卒業後来日し、中央大学商学部に入学。
同大学在学中、デンマークコペンハーゲン大学に交換留学。
その間、デンマークオーダーメイドツアー会社BALDERにてインターンを経験、
中国と日本市場の新規開拓を担当する。
大学卒業後は大手ホテルや中国FIT向けオーダーメイドツアー会社などインバウンド旅行業界で実績を積み上げ、
2018年5月にYOK株式会社を設立、代表に就任。

団体/企業詳細

活動地域
  • 日本・台湾・香港・中国

応援メッセージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最新情報