社会課題解決中MAPに戻る

東南アジアの若者と日本のシニアをつなぐ、日本語教育の新しい形。

株式会社Helte

実行中

更新日:2019.03.18

株式会社Helte(ヘルテ)は、日本の少子高齢化と新興国の教育問題に対して、独自開発したオンラインプラットフォームを通じて、日本のシニアと海外で日本語を学ぶ若者たちをつなげ、今までとは異なる解決アプローチを描いています。

日本のシニアへは新しい役割の創出、社会参加を通じての心の健康維持や貢献寿命の延伸を提供。

アジアの高度人材である日本語を学ぶ若者たちへは、 新しい切り口から日本への関心を高める活動として ビデオ会話サービス「Sail」(セイル)を開発・運営し、日本語教育の支援、人材育成を行っています。

キーワード

アクション詳細

目指す社会のあり方、ビジョン

「好奇心×知恵=○○○」 あなたなら、ここにどんな解を入れますか。 大学時代のわたしにとって、その解は「放浪」でした。二度の留学に加え、帰りそびれた旅人よろしく、30か国に及ぶ異郷を徘徊。異なる言葉、異なる考え、異なる経験をしてきた人たちとの出会いは、実に刺激的でした。 異論、異彩、異人、異文化、異次元、異性、異教徒、異業種……。 「異」なるものと接するとき、わたしたちは、得も言われぬ緊張感、開放感、そして高揚感に包まれます。それゆえ、先の方程式「好奇心×知恵」に「×異」が加わった時、その解は二次元から三次元へと、さらなる魅力をさく裂させるのでしょう。 このたびわたしたちが立ち上げたビジネスは、まさに、「異」が起こす化学反応に着目したものです。 異なる価値観を礎に、新しい価値観を生み出す。その上で、お互いの不足部分を補い合う、「ウィンウィン」の関係を構築できないだろうか。とりわけ、諸外国での教育問題、人材育成、先進国の高齢化・人材不足という問題に、わたしたちは今までとは異なる解決アプローチを描いています。 例えば、好奇心や向学心があっても、どう挑戦していいのかわからない諸外国の若者たち。かたや、知恵も知識も人生経験も豊富にもかかわらず、それを有効に使う場所と機会に恵まれない日本のシニアたち。 彼らに必要なのは、世界をのぞき込む窓ではないか。その窓は、一生すれちがう運命になかった異なる両者をいとも簡単につなぐ、魔法の入口。そして、彼らはその窓を開けさえすれば、膠着した現在と未来を変えられるはずだ。 わたしたちはそう考えています。 会社名の「Helte(ヘルテ)」とは、デンマーク語で「夢や希望を与える人」という意味です。今のわたしにとって、「好奇心×知恵」の解は何かと問われれば、ずばり、この仕事です。 わたしたち「異」端児が提案する「世界をのぞき込む小さな窓」をぜひ一度、体験しにきてください。わくわくする、たくさんの窓を用意しておきます。

アクションリーダー プロフィール

後藤学

株式会社Helte(ヘルテ)代表取締役/
日本大学国際関係学部卒業。在学中にアメリカ・ワシントン州立大学留学、インド・ゴア大学に留学。2016年3月に株式会社Helte創業。

団体/企業詳細

活動地域
  • 日本全国、東南アジア

応援メッセージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最新情報