社会課題解決中MAPに戻る

ゆる楽しい地域づくりで、いま暮らす地域をもっと人のつながりのある、やさしい住みやすいまちに。

しろくまLaBO

実行中

更新日:2018.01.13

静岡市駿河区池田地域で活動。新興住宅やマンションの造成による人口増加とともに、昔ながらの地域でもコミュニティの希薄化が懸念されている。自分たちの生まれ育った地域を、今よりもっと人のつながりのある、やさしく住みやすいまちにしたい。その一念のもと、自治会の協力を得ながら、地域でのワークショップで拾い上げたニーズを少しずつ実現。小さくても、ほっとできる居場所をつくりつづけている。

キーワード

アクション詳細

  • ◆活動内容◆
    ・地元公民館で「だれもが半日ゆったりできる場づくり」として、カフェ・ワークショップなどのイベント『しろくまの庭』を開催し、地域間交流・世代間交流の場を提供。
    ・同じ地域にある県立劇団SPAC(静岡県舞台芸術センター)のアウトリーチ活動をサポートし、地域と文化芸術がつながるきっかけをつくっている。
    ・SPAC主催の「ふじのくに⇄せかい演劇祭」関連企画『みんなのnedocoプロジェクト』で県外から静岡に来た若者たちと地元住民等との宿泊交流会を開催。
    ・地元自治会の夏まつりや門松づくりなどに参加して親睦を深めている。
    ・冬のイベント開催時には、スタッフ手づくりの焼いも窯で地元の畑で採れたさつまいもを使って石焼いもを焼いている。

  • ・小学校の授業で、子どもたちと「しろくま型反射材」をつくるワークショップを開催している。防犯講座や動物講座、災害時避難合宿も地域のサポートにより同時開催。
    ・同じ地域にある動物園とのコラボによりしろくまの誕生会などのイベントを開催。
    ◆特徴◆
    ・小学生から60代までがスタッフとして参加。地域に密着したまちづくり(かかわり)の楽しさを共有している。

一緒に参画いただける方募集中!

  • プロボノ・ボランティア

    まちづくりや当団体の活動に興味がある人。※一度イベントに参加していただいたうえで内容相談。 ※お問い合わせは随時メール受付(様式不問)。

アクションリーダー プロフィール

山本 寛子

静岡県静岡市主催の、社会課題解決のための人材養成塾「地域デザインカレッジ 社会を変えるまちみがきプロジェクト2」修了。2013年11月25日「しろくまLaBO」として活動を開始。同塾での実践提案型最終プレゼンにて学長賞(静岡市長賞)受賞。静岡県コミュニティづくり推進協議会主催の「平成29年度コミュニティ活動賞」優良賞受賞。保健師。

団体/企業詳細

連携パートナー
  • 池田自治会
活動地域
  • 静岡県(静岡市)

最新情報