社会課題解決中MAPに戻る

「ホームレスになるしかなかった」人々の、路上脱出を本気でサポートする。

認定NPO法人Homedoor

実行中

更新日:2019.05.19

Homedoorでは、6つのチャレンジを通じて、ホームレスの人々の路上脱出のサポートを行なっています。

「あそこに行けば、絶対になんとかなる」
そんな風に思ってもらえる場所が、この日本でたった1つでもあれば、路上で亡くならずに済むのではないか。路上から脱出したいと思ったら、誰もが脱出できるようになるのではないか。そんな仮説を元に、Homedoorの活動はスタートしました。

既存の支援の枠組みにとらわれることなく、どのような支援が必要なのか、効果的なのか、日々試行錯誤を重ねながら、支援の精度を磨いています。毎年、改善点を見直し、現場や当事者の声を元に本当に必要なサポートを生み出していく、そんなチャレンジを行なっています。

キーワード

アクション詳細

目指す社会のあり方、ビジョン

「ホームレス状態を生み出さない日本の社会構造をつくる」

住居を失い寝泊まりのためにインターネットカフェ等を常連的に利用する住居喪失者は、5,400人(厚生労働省「ネットカフェ難民調査」2007年)。正社員に就きたくても就けなかった派遣労働者の割合は、1999年の29.1%から、2007年には37.3%に増加しています(厚生労働省「就業形態の多様化に関する総合実態調査」1999年、2007年)。

ホームレス問題がより深刻化する日本において、ホームレスになるしか選択肢がなかった人々に対して、本当に必要なサポートを生み出し続けていくことが私たちののミッションです。その挑戦の先に、「誰もが、何度でもやり直せる社会」をつくることを目指します。

アプローチの方法

ホームレス状態から抜け出したいと思っても抜け出せない状況や、偏見がなくならない状況を、一連の支援活動「6つのチャレンジ」で解決していきます。

1. 届ける
巡回活動、店舗ポスター・WEB広告

2. 選択肢を広げる
アセスメント、シェルターの提供、他機関との連携

3. “暮らし”を支える
居場所づくり、食堂の実施、健康サポート

4. “働く”を支える
仕事の提供、一般就労移行、金銭管理サポート

5. 再出発に寄り添う
引っ越し・見守り、就労定着、卒業生サポーター

6. 伝える
講演・ワークショップ、路上生活者調査、啓発用教材販売

アクションリーダー プロフィール

川口 加奈

認定NPO法人Homedoor 理事長/
14歳でホームレス問題に出会い、ホームレス襲撃事件の根絶をめざし、炊出しや100人ワークショップなどの活動を開始。19歳でHomedoorを設立。世界経済フォーラム(通称・ダボス会議)のGlobal Shapersや、人間力大賞グランプリ、内閣総理大臣奨励賞、Forbes Japanが選ぶ「30UNDER30」にも選出される。1991年大阪生まれ、大阪育ち。

団体/企業詳細

応援メッセージ

株式会社スピーディ 代表取締役社長 福田淳さん

川口さんは名言の宝庫です。

当社は、デザインやクリエーションを通じてNPOのブランディングをお手伝いしております。
最初に川口さんにお会いしたときに、物凄い数の支援メニューやお仕事が用意されていたのです。
「メニュー多すぎてわかりにくくないですか?」って尋ねたら、川口さんは「どんな立場の人でも選択の自由が豊富にあることが大事なんです」とキッパリと返答され衝撃を受けました。
そんなキッカケから始まったお付き合いも現在では出前サービスアプリ開発にまで及んでいます。
「知ったからには、知ったなりの責任がある」本当に川口さんは名言の宝庫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最新情報