社会課題解決中MAPに戻る

障がいがある人もない人も、クリエイターとして対等に共創する場

W Innovators

アイディア段階

更新日:2020.02.22

一人ひとりが持つ多様な視点を開発に。

W Innovatorsは、障がいがある人もない人もクリエイターとして実現したい未来を作る、共創の場です。
「健常者=提供者、障害者=利用者」の時代は終わり。
クリエイティブ職のクリエイターと、障がい・介護経験を活かすクリエイター(立場の異なるクリエイター)が対等に関わる「対等な共創」に変えていきます。

キーワード

アクション詳細

目指す社会のあり方、ビジョン

障がいへのニーズ追求とクリエイティブを持ち合わせた、社会事業を輩出する、対等な共創の場

「全ての人へ、働きと休日のトータルコーディネート

出会いの場:障がい者・介護者とクリエイティブ職が社会課題の解決に向けた出会いの場

オープンイノベーション:企画開発に悩む個人、クリエイター、起業家、企業、行政が参加できるオープンイノベーションの場を提供

ビジネス支援の提供:
・先輩起業家、先輩クリエイター、障がい領域に長けたアドバイザーがメンターとなる、「対等な共創」「ニーズの反映」「障がい概念を覆す世界観」のあるビジネス創出へのフォローアッププログラム

社会の未来像:障がいがある人もない人も、社会課題への取り組みが働きにも、遊びにもなる社会

現状とビジョンのギャップ、課題の構造

現在、障がいのある人も住みやすい街づくりが、行政や企業によって進められていますが、利用する障がい者に聞くと新しく開始された事業を、使いにくいと感じることも少なくありません。

その背景として、
・ニーズが十分に理解されないまま反映されている。
・使う場面の想定が不十分。
・ターゲットとした障がいの選定が、実際のユーザーとずれている。
・良いコンセプトとして取り組みが始まったが、マニュアル化の段階で創意のバランスが取れていない。

アプローチの方法

対等に共創する場の提供:解決したい課題をジャンル分けした、タイプの異なるクリエイターのマッチング

メンタリング・フォローアッププログラム:ビジネスアイディアのブラッシュアップ、ユーザーインタビューやプロトタイプの開発に向けた具体的なアクションを支援

 

クリエイティブなネットワークの育成:障がいの有無を超えたクリエイティブフィールド

アイディアの事業化:起業・オープンイノベーション・提携先への人材紹介

共創に必要なリソース:創業メンバーとの出会い、メンターによるアイディア段階への起業支援、提携企業との出会い

これまでの活動実績

今後のマイルストーン

・ブラッシュアップ:ビジョンに共感されている方、創業支援・toBビジネスモデルに炊けている方、障がい・介護経験のある方、資金調達のための事業計画が得意な方のメンバー参加もお待ちしております

・企画開発で企業やクリエイターが抱える課題のヒアリング

・企画開発に加わりたい障がい者・介護者へのヒアリング

アクションリーダー プロフィール

中塚智恵

団体/企業詳細

団体名
  • W Innovators

応援メッセージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最新情報

  • TOKYO STARTUP GATEWAY 2019 参加