社会課題解決中MAPに戻る

「学校外で育つ子ども達」を地域で支え子どもに多様な学びと遊びと繋がりを提供する

多様な学びプロジェクト

実行中

更新日:2017.12.01

多様な学びプロジェクトは、「学校外で学ぶ子ども達」に多様な学びと遊びをつなげるプロジェクトです。
街にいるプロに先生をお願いし、子どもたちに授業を届ける『まちの先生プロジェクト』や、不登校の子ども達が気軽に立ち寄れる場所にステッカーを貼らせてもらいwebサイトで紹介する活動をしています。

不登校は、ネガティブなイメージでがつきまといますが、学校に行かないからと言って、学びと無関係な訳ではありません。ホームスクーリング(家庭学習)やフリースペースでの学習、オルタナティブ・スクールなどは、子どもの個性に応じた、学び方の1つだと考えます。しかし、不登校を選んだ子ども達の、その先の選択肢は、まだまだ少なく、経済格差が教育格差に直結してしまうのが現状です。

本プロジェクトでは、地域に「学校の外で学ぶ子ども達」の居場所をつくり、彼らに学びや地域の人たちとのあたたかな繋がりのチャンスをつくり、多様な学びを認め合う未来をデザインしていきたいと思います。
【業務内容】
・市民講師を迎えて子ども向けに授業を行う「まちの先生プロジェクト」
・不登校の子が立ち寄れる場所にステッカーを貼るステッカー事業(フリーバードキッズプロジェクト)
・母親向けの茶話会

キーワード

アクションリーダー プロフィール

生駒知里

学校外で学び育つ子ども達と、地域やオンラインでの学び場、遊び場を繋げる【多様な学びプロジェクト(free bird kids project)】代表。
私生活では5人の子の母。元川崎市子ども夢パーク職員。
長男が小1の時「学校ってどんなところかわかった。自分には必要ない場所だとわかった」と言い、突然学校に行かなくなる。
「学校に馴染めないのも1つの才能だよ」と励まし、ホームスクーリングを選ぶが、学校復帰の社会の風潮のなかで悩み、苦しむ日々も送った。
その経験からこのプロジェクトを長男と考え、共感してくれる仲間とともに、日々行動している。

団体/企業詳細

活動地域
  • 神奈川県川崎市、埼玉県上田市、都内を中心に全国

応援メッセージ

主婦 七條貴子

子どもの多様な学びを認めあえる事は、大人も互いの多様性を認め合う事になると思います。これからの時代にあったプロジェクトだと思っています。応援しています!

最新情報