社会課題解決中MAPに戻る

まちに開かれたオープンシェアオフィス、IRORI石巻で生まれる出会いと可能性。

ISHINOMAKI 2.0

実行中

更新日:2019.04.07

IRORI石巻は、東日本大震災があった2011年の12月、被災したビルのガレージを改修しオープンしました。人と人、アイデアとアイデア、可能性と可能性が出会い、集い、つながるオープンシェアオフィスです。全国から集まって来た若い世代を中心に、復興に向けた新たな街づくり活動の拠点になってきました。

2016年、石巻の起業・移住を促進する「コンソーシアム・ハグクミ」のメンバーであるISHINOMAKI2.0がリニューアルオープン。カフェを併設したおしゃれな空間に生まれ変わり、石巻でのチャレンジが生まれる拠点となっています。

もともとヨソモノを拒まない文化に、大震災後は“とりあえずやってみよう”という精神がプラスされ、チャレンジしやすい環境が整う石巻。そこに集まる人々の多様性こそ、このまちの魅力と持続性を担保するエネルギーの源泉です。

キーワード

アクション詳細

目指す社会のあり方、ビジョン

IRORI石巻はまちに開かれたオープンシェアオフィスです。 ときに教室、ときにシアター、ときにラボとなり、何かを作ろうとする人、変えようとする人、チャレンジする人を応援します。 無線LAN、電源は無料で使え、おいしい挽きたてコーヒーも1日300円で飲み放題です。 この場所は元は照明もないガレージでしたが、石巻工房とアメリカの家具メーカー、ハーマンミラーの職人たちが協力して改修し、まちに開かれた公共的な場所へと生まれ変わりました。 世界中から人が集まり、思いを語り、時には共にお茶を飲み、未来へのアイディアを紡いでいく。 「再生と革新のための交流の部屋=Interaction Room Of Revitalization and Innovation」それがIRORI石巻です。

アクションリーダー プロフィール

松村豪太

ISHINOMAKI 2.0 代表理事/
石巻出身。仙台の大学に進学し法律を専門に学ぶ。卒業後は仙台で働いた後、石巻に帰郷し、NPO法人石巻スポーツ振興サポートセンターのクラブマネジャーを務める。震災後は仲間と「石巻2.0」を立ち上げ、さまざまな活動を始める。石巻2.0代表理事、復興バーマスター、ラジオパーソナリティ、石巻経済新聞編集長など、さまざまな肩書きを持つ。

団体/企業詳細

活動地域
  • 宮城県石巻市

応援メッセージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。