社会課題解決中MAPに戻る

被災地の医療介護体制に貢献しながら統合医療を促す新たな地方モデルの構築

株式会社ロッツ

実行中

更新日:2017.12.01

被災した方々の助かった命を健康に保ち、雇用を一人でも多く創造することを理念に事業を展開 ①調剤薬局の運営:被災した気仙地域で初めての訪問投薬を開始し、患者さんの薬歴確認をし、無駄な投薬を予防する地域密着型薬局を目指しています。②日本初単独型訪問リハビリステーションの運営:地域の在宅リハビリの推進に寄与しています。③温浴施設「玉乃湯」の運営(陸前高田市からの指定管理):地域のコミュニティー形成と健康維持活動を目的としています。また、赤字の施設を黒字にし、陸前高田市の観光資源開発に乗り出しています。④リハビリ特化型デイサービスと健常者用スポーツフィットネスクラブを一体化した施設の運営:経営力向上計画で認定を受けた事業です。⑤居宅介護支援事業所の運営⑥現在、日本初となる産業リハビリと農業リハビリの事業化に着手。

キーワード

アクションリーダー プロフィール

富山泰庸

米国ボストン大学を卒業後、英国オックスフォード大学院、米国ペンシルバニア大学院を卒業し、日本に帰国。 帰国後、吉本クリエイティブエージェンシーの門戸をたたき、東京NSC七期生として卒業。 その後、吉本最高学歴芸人として平成教育学院、Qさま、タイムショックなどに出演。 同時に、吉本入門中に独立起業し、貿易コンサルティング事業を展開。 2011年3月に起きた東日本大震災において、震災直後からの支援活動で政治の問題に憤りを感じ2012年の衆議院選挙に出馬し落選。出馬時にコンビ解散し芸人を辞める。 2011年には、支援活動を事業化し、陸前高田市に調剤薬局を設立。 2012年には政府へ働きかけ、復興特区で日本初の単独型訪問リハビリ事業を実行。 2016年6月には赤字になった陸前高田市の施設である「玉乃湯」の再建に乗り出し、翌年に黒字化に成功。2017年4月には、陸前高田市の復興のシンボルである大型商業施設「アバッセたかた」内にリハビリ特化型デイサービスとフィットネスクラブの融合事業である「リボーン」を開設。 現在では内閣府事業の一環として産業リハビリを実行中。 農業リハビリに関しても、さまざまな分野に横串をさして実現の方向で推進中。

団体/企業詳細

活動地域
  • 岩手県

最新情報