社会課題解決中MAPに戻る

外出自粛中でも“旅する気分”を楽しめる。『#旅するおうち時間』で、地域とつながる体験を。

株式会社日添

実行中

更新日:2020.05.20

お出かけしなくても、おうちで旅する時間を楽しむ「#旅するおうち時間」。

新型コロナウイルス感染予防のためお出かけを自粛していたゴールデンウイークの6日間、旅先となる6つの地域から、毎日とっておきのものをお届けし、大きな反響をいただきました。

現在実施しているのは「#旅するおうち時間」の第2弾。前回と同じ6つの地域からのおくりものを、週末の3日間でお届けする復刻版「ギュギュッとお届け便」です。2日間で2つの地域からお届けする1泊2日バージョンもご用意しました。もちろん届いた旅先とお話しする時間も!

おうちにいながら「旅する気分」を味わえる体験を、みなさんにお届けします。

キーワード

アクション詳細

目指す社会のあり方、ビジョン

そこにある価値を引き出して、
地域に“日”を添えていきたい。

私たちが活動拠点とする熊本県球磨郡五木村のとある集落に、日当(ひあて)と日添(ひぞえ)という地名があります。日が当たる場所だから「日当」、日があまり当たらない陰の場所を「日添」というのです。日が当たる場所のすぐ近くには、陰がある。私たちは、この地名のように地域の人や、自然の価値を見つけ出し、引き出し、その陰となって、日を添えるように地域社会を支えていきたいと考えています。その想いを「日添」という社名に込めました。

私たちが事業を通してつくりだしていきたいことは、そこに暮らす地域の人たちが、なんでもない日常のなかで「なんだか、しあわせだな」と感じること。それは、どんなことなのか。地域の人と一緒に考えながら活動していくことで、その先に見つけられるものだと思います。まずは、私たちの活動拠点である村民1000人の五木村からはじめていきます。

#旅するおうち時間の3つのこと

まいにち届く「おうち時間のおくりもの」

6つの地域から3日間でとっておきのものが届きます。また、今回は2日間で2つの地域から届く1泊2日バージョンもご用意しました。一日のなかのある時間を、とっておきの時間に変えてくれるものばかりです。

地域の人と話せる「おうち時間でおはなし会」

その日の夜、おくりものが届いた地域の人たちと話ができるライブ配信を行います。直接おくりものについて質問できるし、地域のことを詳しく知ることも。旅先の居酒屋さんで話をする雰囲気で盛り上がりましょう。購入者には招待のURLをお届けします。

地域の絶景写真で「おうち時間で旅気分」

日替わりでおくりものが届く6つの地域の絶景写真を特別にお送りします。web通話アプリの背景として使って自撮りしてみたり。SNSに投稿して、旅気分を味わえます。

 

アクションリーダー プロフィール

日野正基

株式会社日添 代表取締役
1987年新潟県新潟市生まれ。大学在学中に中越地震の復興支援に携わったことをきっかけに、2009年、任意団体中越復興市民会議に参画。インターンシップ事業「にいがたイナカレッジ」や移住者発信メディア「移住女子」のプロデュース、地方での起業支援、移住に関する研究、集落の計画づくりを行う。2018年に熊本県球磨郡五木村に移住し株式会社日添を創業。

団体/企業詳細

団体名
  • 株式会社日添

応援メッセージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最新情報