社会課題解決中MAPに戻る

新たな指標を作り出すことで、全ての生徒たちに光を!

lightful

実行中

更新日:2018.12.04

lightfulのteam-labでは、新たな評価基準を創出することを目的に活動しています。

日本ではプレゼンやグループワークをすることがアクティブラーニングであると認識されがちです。ですが、ただの講義型でも生徒が思考していたらそれはアクティブラーニングと言えるでしょう。そして、プレゼンをさせていたところで、生徒が思考していなかったらそれはアクティブラーニングとは言えない。
となると、アクティブラーニングでは、テストの結果よりも授業中の生徒の思考の深さなどを重視するべきなのではないのか? 私達は、生徒の授業中の仮定を数値化し見える化することでなにか新たな評価基準を創出することを目的にしています。

キーワード

アクション詳細

目指す社会のあり方、ビジョン

「生徒一人一人にスポットライトを」というわたしたちの理念が実現し、教育改革だけでなく「教育更新」という概念が浸透・定着している未来。学習内容を毎年アップデートしていくことで、より時代の変化に適応できる人材を育成することができれば日本の未来はずっと明るくなるはず。

そのために、lightfulは次の時代の「成績表」で複数の評価基準を用意し、生徒も教師もアップデートを行いやすい制度づくりをしていきたいと考えています。

教育をより良くしていくためには、研究者および開発者だけでなく、実際に教育現場で実務をする職員の方々の協力が必要だと考えます。「教育更新」の概念をより多くの人々に発信し、その一歩目を踏み出してもらうためにわたしたちは活動しています。

 

一緒に参画いただける方募集中!

アクションリーダー プロフィール

田中あゆみ

品川女子学院を卒業、絶賛浪人生。高校時代から映画を媒介としたイベントを企画・運営しながらも教育系のイベントに多く参画。現代の教育制度や現場の実情など、自分が体験してきたことからプロジェクトを発起する傍らで苦手な英語と向き合う毎日を送る。

団体/企業詳細

応援メッセージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最新情報