社会課題解決中MAPに戻る

地域通貨「PEACE COIN」でコミュニティ活動を活性化させるための最新の取り組み

PEACE COIN

実行中

更新日:2019.04.17

私たちは、ブロックチェーン上に独自のアルゴリズムを載せ、お金が増大・減少する新しいデザインの通貨設計プラットフォーム “PEACE COIN(ピースコイン)”を開発しています。 GDP 成長を見込まない人口減少している地域でも、自律した独自の経済圏を作りたい地域や企業に対して導入支援をしています。

PEACE COINを通じて、これまで貨幣での評価を十分には受けられていなかったソーシャルワーク等を新しい指標で評価し、感謝で巡るサスティナブルな経済成長ができる仕組みを作り、多様性を認めあえる豊かな社会の実現を目指します。

【事業内容】
・コミュニティ(経済・関係人口)活性アルゴリズム開発事業

キーワード

アクション詳細

目指す社会のあり方、ビジョン

VISION

多様性を認めあえる、豊かな社会を実現する

MISSION

これまで評価が十分に届かなかった活動の領域を評価できる新しい指標を実装し、感謝で巡るサスティナブルな経済成長ができる仕組みを作る。

 【私たちが解決したい社会課題】 

現代は、年収やGDP を高めることなど、目の前の利益を獲得することが評価される社会ですが、既存の貨幣モデルでは誰もが公平に豊かになることは難しいように思います。

現在の貨幣を供給していく仕組みである信用創造モデルは、経済成長が前提となって作られています。しかし、経済成長や人口成長が頭打ちになっている現在の日本では、効率化やコスト削減が優先されており、そのために仕事がなくなったり、自分の居場所が減っていくという現象が起きています。つまり、効率化で勝負できない人がどんどん貧しい思いをしているのですが、これは社会デザインそのものに起因する問題であるといえます。

例えば、飲食店で働く人がお客さんに料理を提供すると、対価として賃金がもらえますが、同じ料理の提供でも子どもへの食事の用意や親の介護といった家事労働やボランティア活動には賃金が入らないばかりか、お金が出ていく一方です。こうしたいわゆるソーシャルワークに従事する人々が貧しくなってしまう可能性が高くなるかのようなデザインの社会となっています。

PEACE COIN が目指す社会の姿】

たくさん感謝をして、多く支払った方が得になる仕組み、すなわち使って増えるお金があれば、サスティナブルで幸福な社会が作れるのではないか?という発想からPEACE COIN は生まれました。

気前よく支払った人が得になるという社会を創れば、コストパフォーマンスを意識せず、好きなものやクオリティの高いもの、自分にとって本当に望ましいものを購入するようになります。そのために支払う代金は、商品を生み出す人の糧となり、もっと品質の良いものを生み出していこうという機運が生まれます。コストパフォーマンス重視ではなく、本来あるべき、人が幸せになるために価値交換をする仕組みを作ることで、多様性を認めあえる、豊かな社会の実現を目指しています。

USE CASE

地域通貨としての活用

PEACE COINと各地域向けに実装したローカライズ版の通貨をつなぐことで、PEACE COINプラットフォーム全体での貨幣交換ができるようになります。既存の地域通貨だと、その地域限定でしか利用できないため、経済規模が拡大せず利便性が乏しいという性質がありますが、PEACE COIN では、コミュニティの規模に関わらず利便性に富んでおり、より平等で持続可能な社会を実現していくことができます。

企業の人事制度における活用

 企業が社員に、給与・報酬の一部をPEACE COIN で支払うことができます。それにより、頑張りや挑戦が成績に直接的には結び付いていない社員や、謹厳実直で勤務態度が優れた社員、成果の見えにくいバックオフィスの社員など、従来の評価制度では評価されにくかった社員の活動に評価を行うことができます。

アクションリーダー プロフィール

阿部 喨一

PEACE COIN OÜ CEO

大学卒業後、独立系投資顧問会社でキャリアをスタート。国際金融情勢や企業のテクニカル&ファンダメンタルなどの 観点から資産運用や資産保全、M&A をはじめとする金融コンサルに従事。数々の実績を上げ、史上最短でプロジェ クトマネージャーに昇格、最年少で役員へ就任する。

既存の資本主義では必ずしも評価を得られていない利他的な行動にも評価を届け、人が人らしく生きられる社会を 作るべく、PEACE COIN を創業。

PEACE COIN によりソーシャルワークなど本来価値ある多様な仕事が新しい指標で評価されることで、感謝で巡る、 持続可能な社会の仕組みづくりに寄与していきます。

応援メッセージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最新情報