社会課題解決中MAPに戻る

地域の隠れた魅力を発掘。フードカートで生産者も消費者も喜ぶ地産地消のかたちを実現

郡山観光交通株式会社/株式会社孫の手(山口タクシーグループ)

実行中

更新日:2018.12.25

私たちは1955年に、福島県郡山市を中心とするエリアでタクシーを母体として創業し、バス事業や福祉介護事業、観光旅行事業など、地域に根差した事業を幅広く行ってきました。主に地域の高齢者をターゲットとした、“生きがい”のためのバスツアーを展開するなか、それらの強みを生かし、「フードカート」を活用した畑で味わう地産地消のレストラン“Food Camp”を新規事業として立ち上げ、福島の食の魅力を発信しています。

キーワード

アクション詳細

現状とビジョンのギャップ、課題の構造

従来の農作物の流通は、消費者の手に食材が届くまでに、農協などの出荷団体や仲卸業者、小売業者など、多くの事業者が関わっているため、生産者が儲かりにくいしくみになっています。お客様に近い事業者が強い力を持ち、農産物の生産コストや価値を考慮した正当な価格で取引されているとは限らないのが現状です。

さらに、福島県では、2011年に起きた東日本大震災と原発事故の影響で、安全性が確認されてもなお、「福島県産だから」という理由で、丹精込めて作られた農産物が安く買いたたかれるなどの実態もあります。

生産者の方々は、こうした逆境のなかでも、消費者と直接「顔の見える」関係をつくりながら、福島の農産物の本当の美味しさを届ける取り組みを力強く行ってきました。

アプローチの方法

私たちは、そうした生産者の想いや姿を受け、福島の農産物が正当な評価を受け、そして、鮮度や品質を維持して消費者に供給される、「生産者も消費者も喜ぶ流通のしくみ」をつくりたいと考えています。そのために、私たちは自社が持つ二次交通としての強みと、地域密着型の旅行業を展開してきたノウハウを生かし、福島の食の魅力を発信する事業を行っています。

コンセプトは”Farm to table ⇔ table to farm”。
生産者・スタッフ・お客様が有機的につながり、食材や食文化、情報やサービスが行き交い、コミュニケーションが生まれる創造的なシュチュエーションを提供しています。

【1】キッチンとシェフがレストランを飛び出し、生産者の畑にお客様を誘う ”Food Camp”
農産物の命を育んだ土地にお客様をお連れし、旬の食材の美味しさを楽しむ一日限りのプライベートレストランの旅。県内の選りすぐりのシェフが、その食材の魅力を一番に引き立たせて作った料理を、美しい自然を堪能しながら、心ゆくまで味わう。そんなひとときを、「フードカート」を導入することで実現しました。

【2】地元で採れた新鮮な食材と、生産者に出会えるレストラン ”ベスト・テーブル”
地元郡山市の旬の食材や自家製ドリンクを味わえるオープンデッキのレストラン。初夏には木漏れ日を感じながらの新緑を、秋には紅葉をデッキから楽しめ、”Food Camp”のプレ体験ができる場所です。

また、私たちはこの2つの事業に加え、一般社団法人食大学が展開する “食大学マルシェ”を応援しています。
「食大学マルシェ」は、郡山ブランド野菜をはじめ、県内の美味しい農産物や加工品を生産者と直接お話しながら買うことができる催し。市内外からのお客様と生産者がつながりあい、お互いを身近に感じられる場となっています。

私たちの仕事は、まだ表に十分に見えていない、福島の農産物の魅力や土地の魅力、そして、そこで頑張る方々の想いに光をあて、生産者と消費者をつなぐプロデュースをすること。これらの取り組みを通して、生産者の方にとっては改めて消費者が求めている食の価値やニーズに気づくきっかけに、消費者にとっては福島の農産物の本当の美味しさやその生かし方をより深く気づくきっかけとなっています。

今後のマイルストーン

福島県の四季折々の美しさや食の美味しさを楽しむ”Food Camp”  は、5月~11月に県内の各地域で実施しています。福島は美しい雪景色と冬野菜を楽しめることも魅力のひとつであることから、オールシーズンで楽しめるコンテンツの開発にも力を入れ、ひとりでも多くの方に“福島の食の魅力”に触れていただきたいと考えています。私たちは、生産者と消費者がさまざまな場面でつながることを通じて、お客様の笑顔をつくり、また、その旅や場を創り上げるスタッフや地域の人の心も温かくなる、そんな笑顔の循環を実現していきます。

一緒に参画いただける方募集中!

  • 連携メニュー(法人・団体)

    福島の”美味しい!”をフードカートで発信したい生産者やシェフを大募集

  • JOB(委託・パート・雇用)

    「食と地域と人をつなぐ」Food Campをともに創るスタッフ募集

  • インターン

    福島の隠れた魅力を発掘! Food Campの運営サポーター募集

  • プロボノ・ボランティア

    Food Campの他、フードカートを活用した事業の企画・運営、PR・SNS発信等を担当する方

アクションリーダー プロフィール

山口 松之進 (やまぐち しょうのしん)

山口タクシーグループ代表取締役。

1970年、郡山市生まれ。大学、就職を経て
1997年に郡山に戻り、グループ入社。
2000年には自身もヘルパーの資格を取り、介護タクシーをスタート。
2008年に孫の手トラベルを設立し、全国初のタクシー送迎付きの日帰りバス旅行を開始。2015年のフードカートを導入をきっかけに、飲食サービス事業にも着手。
2018年、復興庁による「復興事業事例顕彰」で事業継承の成功事例として表彰を受ける。
グループ創業は1955年。タクシー事業からスタートし、運輸、バス、整備、物販等を展開している。

一方、郡山青年会議所に所属し、
2006年の日本青年会議所全国会員大会の運営、
2008年の郡山青年会議所理事長就任を経て、
2009年にはGReeeeNとの共同製作による「緑の扉」を郡山駅前に設置、
2010年に「こおりやまグリーンカレー愛好会」代表として、新たなご当地グルメを提案するなど、郡山を心から愛し、地域の魅力発信、しいては地域の発展にド真剣に取り組んでいる。

団体/企業詳細

活動地域
  • 福島県

応援メッセージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最新情報