社会課題解決中MAPに戻る

『ビニ傘年間廃棄量8000万本』シェアの力で遥かに便利でエコな社会の実現

アイカサ

実行中

更新日:2018.02.21

アイカサが目指す社会

『傘のシェアが人々の生活をより楽によりハッピーに、結果的に持続可能な社会の創造になる』

立ち上げ動機

5本も家に傘があるのに、いざという時に傘がない。傘は濡れないために欲しいのであって、傘自体は少しも欲しいとは思っていない。むしろ、傘を差していない時は邪魔で、結局買った傘は失くしたり、壊れたり2度と使われずゴミになってしまう。だから私はそんな傘に500円も払いたくなく、突然の雨の時には度々びしょ濡れで家に帰っていました。

雨がハッピーな1日を阻害しているのではありません。傘を買うしか選択肢がない現在の社会のシステムによって私たちは我慢を仕入れられているのです。それを変えられるのが傘のシェアリングだと私は感じ、立ち上げに至りました。

アイカサのサービス概要
様々な店舗と提携をしアプリを通しワンタップで傘をどこのスポットでも借りどのスポットでも返せるサービス

キーワード

アクション詳細

  • 渋谷区から始まる傘シェア

    3月にβ版をリリースいたします。WEBサービスを通し15か所、200本規模の運用をしてサービスの改善をして公式リリースの為の実証実験を行います。*10分1円は仮の金額です。詳しくはホームページhttps://i-kasa.com/



  • ビニール傘の寄付を受け付けています。
    傘の使い捨てが問題になっているように、ご自宅や職場で余っている傘を集めてアイカサのシェア傘として再び世の役に立たせたいと考えております。
    詳しくはhttps://i-kasa.com/kasa-kifu/

一緒に参画いただける方募集中!

  • 連携メニュー(法人・団体)

    各種提携またスポンサー

  • 寄付

    まだ使えるビニール傘ください

  • プロボノ・ボランティア

    賛同に応援してください

  • インターン

    同じビジョンを追いたい方メッセお待ちしてます

  • 連携メニュー(法人・団体)

アクションリーダー プロフィール

丸川照司

台湾人の母と日本人の父を持ち、6歳の時にシンガポールの小学校に入学、小5で父が破産のため帰国し、日本の中学高校に進む。大学は工学院大学に入学後、2年で退学、マレーシアの大学に編入するが、傘のシェアに魅了され再び退学し現在アイカサを立ち上げる。18歳の時に、事業を通して世の中をより豊かにするソーシャルビジネスに惹かれ、23歳の今も同じビジョンを持ち、使命感を感じながら更なる挑戦を続けています。

団体/企業詳細

活動地域
  • 渋谷区、日本

応援メッセージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

最新情報

  • 20180201

    ベン&ジェリーズ様とテラサイクル様の行う「傘の使い捨てもうやめませんか」プロジェクトへの参加