社会課題解決中MAPに戻る

水、熱、栄養素を巡らせ、農業・林業・水産業を結ぶ。人や生き物の本来の価値を引きだし、地域経済を醸していく。

エーゼロ株式会社

実行中

更新日:2017.12.01

岡山県北東部に位置する西粟倉村。約 1,500 人が住む村で、村の面積の約 95% を森林が占めています。エーゼロ株式会社・代表取締役の牧大介は、2009 年に株式会社西粟倉・森の学校を設立し、間伐材で製品をつくり、森から価値を生み出す流れをつくってきました。この活動を通して、「地域全体に多様な価値が眠っているなか、木材や木材製品を売るだけでいいのだろうか。農業、林業、水産業という枠を超えて、自然資本として価値をつなげていかなければならないのでは」という考えが強くなっていきました。農業は農協、林業は森林組合、水産業は漁協というように、業界ごとに縦に分断され、流通も垂直に統合されている世の中の流れ??。この縦割りの末端が、地域にあるのです。株式会社西粟倉・森の学校という一つの軸に続いて、水産業や農業も含めた軸も立て、それを横につないでいきたい。そんな思いを実現するため、西粟倉村でエーゼロ株式会社を設立しました。

キーワード

アクション詳細

  • 自然の生態系と、人の生態系をつなげ、持続可能な地域づくり、人づくりを行っていくことで、多様性豊かな社会づくりにつなげていきます。【事業内容】
    ・ローカルベンチャー育成事業
    ・建築・不動産事業
    ・関係人口創出事業
    ・自然資本事業
    ・コンサルティング事業

アクションリーダー プロフィール

牧大介

応援メッセージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。