社会課題解決中MAPに戻る

何度でも再チャレンジできる社会的風土の日本に変える。

日本再起業支援協会

実行中

更新日:2020.05.12

今すぐに活動を具体的にする優先順位として今後増加する中小企業、サービス業界の経営困難な状況、コロナ倒産に少しでも私たちの経験を活かしていただき最悪な選択をしないように微力ながらお手伝いをさせて頂きたいです。

少しずつではありますが、ご協力、アドバイスいただける方も増え、今後増えることが予測される【コロナ倒産】に対しても、少しでも前向きにチャレンジできる応援が出来ればと考えております。※経営者が最悪の選択をしない様

現在、再起業家、現役経営者、NPOの方々とお話をさせて頂いており、経営が困難な状況にある方の新しい道筋を提案できないかとアイディアを出し合っています。

例えば、経営状況から判断してM&Aの可能性、廃業、倒産、破産、再生等様々なケースがあると思います。私達、破産倒産経験者は【その時】同じような思考になり、行動をとり、状況になったかを話し相談者のサポートをします。

キーワード

アクション詳細

目指す社会のあり方、ビジョン

何度でもチャレンジ出来る社会的風土に

勇気をもって起業しても、ほとんどの会社はつぶれています。日本は創業より倒産、廃業のほうが多いのです。創業支援は数多くあります。ところが、再起業支援はありません。

日本では失敗した事をオープンにしづらく、【その時の経験】を評価してもらえない場合がほとんどです。(経営者の責任です)これは日本の失敗を許容しない、社会的風土にあり、再チャレンジに、とても高いハードルがあると感じています。

失敗しても、もう一度、何度でもチャレンジを出来るという事を、日本に根付けて行きたい。一人では突破出来ない壁も、同士が集まり、同じベクトルで動き、お互いの強みをシェアし、モチベーションを保つ事で、素晴らしい結果を生み出す事が出来ます。

【その時の経験】を活かしチャレンジをしつ続け、後悔のない人生を送りたい仲間達と、共に歩みたい。

一人では非力でも、仲間が集まれば、もの凄いパワーと経験値で、以前より素晴らしい経営者になれると確信しております。

再起業が当たり前の日本になれば必然的に起業率は上がります。再起業しにくい日本だから起業を躊躇するのです。再起業家を創出すれば、若者に挑戦心が生まれます。

失敗しても、もう一度、何度でもチャレンジを出来るという事を、 日本に根付けて行きたい。一人では突破出来ない壁も、同士が集まり、同じベクトルで動き、お互いの強みをシェアし、モチベーションを保つ事で、素晴らしい結果を生み出す事が出来ます。

再チャレンジが当たり前の日本に。

アクションリーダー プロフィール

清水秀次

日本再起業支援協会 代表理事/
15歳から美容師として働き、23歳で独立、美容室、理容室、エステサロンの経営、そして34歳の時【今から20数年前】に 開発プロデュースした【元祖炭シャンプークライファー】が大ヒット!! アメリカンドリームをつかみ取るために NY支社を開設、そして移住。 ここから絵にかいたような順調な下り坂で約3年でNY支社閉めて帰国。 2015年49歳で27年間経営していた会社を潰し、破産、うつ病発症から引きこもり1年間。原因は怠慢経営と、判断ミスの積み重ねです。関係者の皆様、お客様にご迷惑おかけいたしました。大変申し訳ございませんでした。 ハサミ一本出直し約3年間修行後、恐縮ながらA_GAIN TOKYOで再起業させて頂きました。 今だから言える【とても貴重な経験させてもらった】と思える今日この頃。悔いのない人生を送るために、自分の描いた シナリオ通り課題に取り組みます。

団体/企業詳細

団体名
  • 日本再起業支援協会

応援メッセージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。